学校関係者の方へ

高校連携事業

中退リスクを持つ生徒や、進路未決定者への切れ目のない支援を!

「高校連携事業」は神奈川県より受託されたプロジェクトです。
県西部地域若者サポートステーションでは、3つを柱にプロジェクト推進を行っております。

 

高校連携就労支援

進路が決まらない・中退後が心配・進級、卒業がみこめない・・・
先生の思いを私たちが繋げます。

高校連携教師向講座

・若者無業者の現状と実態の共有と、神奈川県「学校と社会の架け橋プロジェクト」のご紹介
・県西サポステからの各ご支援についてのご提案

不登校・中退リスクを予防・早期発見・居場所づくり。
垣根を作らない相談・支援を、課題に応じた各専門機関との連携いたします。

就労支援

進路が決まらない・中退後が心配・進級、卒業がみこめない・・・
先生の思いを私たちが繋げます。

臨床心理士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラーの資格をもつ相談員が、相談者おひとり、おひとりに沿った職業開発プログラムによる丁寧な就労支援を行います。
カウンセリング・応募書類作成・面接対策・職業適性検査を含む各種講座・職業体験・就労後の定着支援など、自己理解・職業理解から働く喜び、社会への自立を目指します。

教員向講座

・若者無業者の現状と実態を把握頂き、神奈川県「学校と社会の架け橋プロジェクト」のご紹介
・県西サポステからの各ご支援についてのご提案

<教員向け講座-事例>
県西部地域高等学校教諭に向けた説明会後、担任の先生から『受け持った生徒が中退することになり、利用させたい』というご依頼のお電話を頂くことも。

進路指導の先生だけではなく、生徒の皆さまを常に見守る担任の先生、副担任の先生・・・全ての先生に「サポステ」利用について、「学校と社会の架け橋プロジェクト」についてご説明させて頂きます。
中途退学・進路未決定のまま卒業など・・・課題解決へのご支援をさせて頂きます。

「何も決まらぬまま生徒が学校を離れてしまう・・・」
その前に、是非お問合下さい。
お1人でも多くの先生に!ご要望がございましたら、いつでもお問合せください。

学校カフェ

不登校・中退リスクを予防・早期発見・居場所づくりと、垣根を作らない相談・支援を課題に応じた各専門機関との連携いたします。

<小田原高校定時制による「学校カフェ」の実施>(県西部地域初)
毎月第2・第4金曜日(16:15-17:15まで)開催される「おだていカフェ」
普段は生徒数名が利用する食堂ですが、カフェの日は大勢の生徒のみなさんが集います。
授業前の1時間。おやつや、お茶でホッコリくつろぎ語りあいエネルギーチャージ!
ちょっとした会話の中から、日々の困り感・小さな不安などをスタッフが丁寧に傾聴。
必要な場合には専門機関と連携をとり、ご支援出来るよう体勢を整えております。
「相談室で生徒を待つ」のではなく、生徒の皆さまと常に語らうことで、不登校・中退リスクを予防・早期発見し、安心して自分を表出できる「居場所づくり」に努めます。

 

定時制・通信制高校在校の先生・生徒のみなさまへ

学校関係者の方へ<定時制・通信制の新支援体制>
週20時間以上の就業を目指す上で、サポステの支援が有効と思われる生徒は、サポステ事業の支援対象として、所定の手続きの下、登録を行い就労支援を受けることができるようになりました。